借金一本化するなら債務整理

借金一本化の注意点

一本化をするとき

幾つかの借金を同時に返済している人からすれば、借金の一本化はうれしいものですが、どんな注意点があるでしょう。

 

借金一本化を申し込んで契約したときに、借り入れの全額が自分の口座に振り込まれる場合があります。一本化の借金の申込みをして、返済先の金融会社に一本化借金を利用した金融会社が、そのまま返済をしてくれることもあります。

 

自分自身で借り入れしている会社に、個別に返済をしなければならないケースは、少し注意すべき点があります。

 

一本化のために借りた借金とはいっても、自己責任でどんなふうにでもこのお金を使うことができます。もしも、銀行から一本化借金を利用した場合は、銀行が顧客を間に挟まずに、直接金融会社に返済をしてくれることが多いようてず。

返済の注意点

借金の一本化を消費者金融会社から借り入れた場合は、一本化のためにと高額のお金が口座に入ってくることがあるといいます。

 

口座に入ったお金は、自由にできるので、借金の返済をせずに自分で使いこんでしまうこともあり得ます。中には借金を半分だけ返して、残りの半分を自分で使ってしまうという人もいるようです。

 

一旦振り込んだお金を借金の借り直しにあてない顧客への対策として、慎重に審査を行ったり、新規借金を組むことが難しい状態になっていたりということがあります。

 

一本化するための借金申込時の審査で行われる面談では、かなり厳しい質問をされるようです。消費者金融会社は、銀行と比較すると手軽に借金の一本化ができるようになっているようですが、それがまた落とし穴となってしまう人が多いので、一本化をする場合には、本気で借金をなくすという姿勢で頑張ってみることが重要です。

 

借金の一本化をするために振り込まれたお金は、全額きちんと借りたお金の返済にかならず回さないと、大やけどを負いますので、しっかりとした強う心で臨んでください。


ホーム RSS購読 サイトマップ