借金一本化するなら債務整理

借金の一本化

借金を一本化する

借金を一本化するという話を聞くことがありますが、借金の一本化とは何をすることなのでしょう。

 

借金の一本化とは消費者金融や銀行から複数の借り入れがある場合、すべての借り入れを1つの借り入れ業者にまとめて返済するという方法です。

 

数社からの借金を同時に返済していると、1カ月あたりの返済負担も大きくなりますし、返済日が何回もあって、借金に追いまくられているような精神状態になってしまうことがあります。

 

借金の一本化によって、返済する先が1つの金融外車や銀行になるので、金利が減るというメリットがあります。低金利での返済ができれば、完済までに必要なお金を安くすることができるわけです。

 

また、金融会社側としても、大口の融資を長期的にすることができますので、自社に入る利息を高くすることができるわけです。

 

融資をする側にとっても、融資を受ける側にとってもいい話ですので、借金の一本化を利用する人は大勢います。

一本化して大丈夫?

借金の一本化をすることにより、たくさんの借金の見直しをすることができます。

 

金融会社によっては、借金の一本化をするためには、完済まで他の借金を一切使わないという契約事項が盛り込まれていたりします。

 

ゆとりのある返済額を選び、完済したあとにまた、借金を組むことがないように、生活をすることも大切です。返済が行き詰まっている人には、借金の一本化はとても大事な返済手段です。借金の返済額が膨らんで身動きがとれない場合は、借金の一本化が突破口になります。

 

とはいえ、本当にこの先その借金を一本化したことにより返済ができるかどうか、よく考得てみてください。

 

無理をすれば、返済するためにまたどこかで借金をしてしまうといった、多重債務に陥ってしまうことになります。

 

今の借金が確実に返済できると言い切れないようなら、債務整理を考える必要があるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ