MENU

借金一本化できなかったらどうする?

 

もしあなたが、借金の一本化ができなくて困っていたら、このサイトを読んでみて下さい

 

借金の一本化やおまとめローンに通らなかったら・・・・

 

返済に困ってしまい、借金の一本化に頼ろうとするお気持ちは痛いほどわかります。しかし、それに通らないということは、借金の額がかなりかさんでしまっているか、借入先が多くなってしまっている証拠です。

 

ちょっと冷たいいい方かもしれませんが、残念ですがもう借金は限界をむかえています。

 

とはいえ、借金をそのまま放置して雲隠れするわけにはいきません。しかし返済のための借金をこれ以上増やそうとすれば、もうヤミ金や、それに近い悪質な金融業者から借りるようになってしまいます。

 

それではどうすれば・・・。

 

まず冷静になって現実を直視してください。そのような危ない橋を渡るなら、勇気をもって債務整理をお考えになったほうが賢明ではありませんか?

 

「やっぱり債務整理の話か」と、そっぽを向かないでください。

 

債務整理はけっして難しいものではありません。というより、今のあなたを借金地獄から救ってくれる蜘蛛の糸です。

 

一本化しても、その借金の利息がなくなるわけではありません。返済までの道のりは、債務整理を行ったほうが早くて確実です。

 

弁護士や司法書士といったお堅い肩書に腰が引けてしまうかもしれませんが、それはもう昔のこと。今では、親身にあなたの悩みを聞いてくれるので安心してください。

 

一人で悩むのはもう終わりにして、まずは無料相談から始めてみてください。

 

↓こちらなら匿名で相談ができます↓

 

現状を逃れようとするために借金の一本化をしたところで、将来的には、さらに悲惨な多重サイマー(多重債務者)になってしまうことが多々あります。

 

現在の多重債務から完全に抜け切ろうと思うなら、確実に一本化よりも債務整理を行ったほうが早道です。

 

おまとめローンに申し込んで、はたして審査が通るかどうかハラハラしているより、任意整理個人再生と言いた債務整理を行った方が簡単に、そして確実に貴方を借金地獄から救い出してくれます。

 

もしかすると、このサイトにたどり着いたということは、すでに色々なおまとめローンの審査に落ちてしまっている方も多いかもしれませんね。

 

そのような状態ならなおさら、無理することなく債務整理の道を歩まれてはいかがでしょう。とにかく一歩踏み出して債務整理の道を歩めば、これから先も延々と苦しみ続けることも、今以上のきつい借金生活に転がり落ちてしまうこともありません。

 

このまま無理をして、厄介なヤミ金に引っかかったり、不幸な人生を歩む結果になったりするより、債務整理をしてしまえば、借金のない生活に戻ることができます。

 

しかも、借金をし続けるよりもずっと負担の少ない返済額で、確実に完済できるのです。

 

貴方もきっと体験するはずです

 

債務整理を依頼し終わった人は、みなんさん決まってこうつぶやいてしまいます。

 

@「サラ金申し込むよりはるかにストレスがないなぁ・・・。」「これならもっと早く依頼すればよかった!」
A「苦しんでいたのが嘘のよう。」「肩の荷がおり、こころまでス〜ッと軽やかになった気がするなぁ。」

 

 

★どこで相談したらいいの?というときは・・・

 

3つの質問に答えると、貴方にピッタリな相談所が見つかるシミュレーター!
匿名で、しかも無料で試せるこんなサービスを利用してみてください。

 

↓シミュレーターを試してみる↓

 

一本化と債務整理

 

債務整理のメリット

@一本化するよりも返済額が激減

 

・過払い請求により借金総額が激減の可能性あり
・利子がなくなり、返済は元金のみ(任意整理の場合)
・借金が大幅に減額される(民事再生の場合)
・借金がすべて帳消しになる(自己破産の場合)

 

A弁護士・司法書士が入ることで
・依頼すればすぐに督促の電話もピタリと止まる
・依頼後にはサラ金と関わらなくて済む

 

Bストレスからの解放
・月末に新たなサラ金を探さなくて済む
・サラ金の審査でドキドキすることがなくなる
・サラ金の督促におびえることもなくなる

 

 

債務整理のデメリット

@債務整理費用が掛かる
・弁護士等に支払う※1債務整理費用が掛かる

 

Aブラックリスト
・新たにカードなどが5〜7年程度作れなくなる
(任意整理などでは、家庭や会社等に公表されることもなく、※2ほとんど誰にも気づかることはありません。)

 

※1:ほとんどの法律事務所では、初期費用も掛からず無理のない分割払いがかのです。(ここでつまずくことなく、どのような過酷な状況の方でもスムーズにお支払いを終えていますので安心してください。)
※2:任意整理なら奥様、ご主人様にも内緒で整理は可能です。

 

債務整理って難しくありません

 

債務整理を取り扱っている弁護士や司法書士は、申込みを快く受け付けてくれるばかりか、スムーズにかつ敏速に借金整理に動いてくれます。

 

申し込みが済めば、晴れて貴方は債権者(サラ金など貴方がお金を借りているところ)から解放されます。

 

督促の電話すらかかってくることはありません。なぜなら、債務整理が弁護士や司法書士(以下専門家と称します)などにより始まると、法的に債権者はあなたに接触することができません。

 

すべて貴方が依頼した専門家があなたの代理人となり、貴方に変わって和解交渉をしてくれます。

 

貴方は、和解交渉が終わるまで何もすることはありません。

 

その交渉は概ね半年前後かかり、その間は借金の返済はストップしまます。完全に借金が凍結された状態で、その間にはもちろん利子も発生しません。

 

その返済金の支払いがストップしている間に、専門家の支払いを分割で済ませてしまいましょう。毎月返済しているよりも楽な金額で分割支払いを組んでもらえば、債務整理費用のことに悩むこともありません。

 

また、ほとんどの法律事務所では、債務整理については初期費用が生じないようにしてくれますので、今手持ちのお金がない方も、債務整理をすぐに依頼することができます。

 

↓貴方にあった相談所探し↓

 

カードローンについて
銀行系カードローンを使って借り入れする時には、一体、どういった利点が考えられるでしょうか。そもそもカードローン自体、計画的に使用すれば多くのメリットがあるものです。もしもの出来事があってすぐに現金を用立てたいという時や、クレジットカードからお金が引き出せないという時は、カードローンから最寄りのATMで現金が手に入ります。カードローンは、一度融資(借金)の限度額が決まれば、その金額の中でお金を自由に引き出すことができます。銀行系のカードローンとは、銀行がバックにある金融会社が融資を行っているローンを指します。安心度合いが強いことが、銀行系カードローンの魅力です。
都市銀行や、地方銀行が出資元となっていると考えると、商記者金融会社だったとしても、信頼性が高いように思えます。借入れの時や返済時に利用できるATMの数が多く、利便性が高いということも銀行系のメリットとなります。
まとまった金額を借りることができることも、銀行系カードローンの嬉しい点ですが、注意すべき点として、審査が他の金融機関より難しいことがあります。過去に返済が滞った等のトラブルが無く、一定の収入がある方であれば、ほぼ問題なく融資を受けることができます。最近は、銀行系カードローンでも、最短30分で審査ができることを売りにしているところもあり、審査もスピーディーになってきているようです。カードローンは、無理のない計画を立てて使っている限りは役立つ存在です。ただし、借入とか融資とか言った言葉を使っているとあまりピンと来ないかもしれませんが、それは紛れもない借金です。
借金という言葉を使うと何やらちょっと危ない雰囲気が醸し出され、注意しようという気にもなりますので、借り入れするときには、借り入れという言葉を借金という言葉に自信の中で変換して、借りすぎには十分注意してください。借金地獄というのは、借金に慣れてしまった人のすぐ横で口をあけて待っています。

 

メリット
銀行系カードローンを使ってお金を借りる時には、一体、どういった利点が考えられるでしょうか。そもそもカードローン自体、計画的に使用すれば多くのメリットがあるものです。もしもの出来事があってすぐに現金を用立てたいという時や、クレジットカードからお金が引き出せないという時は、カードローンから最寄りのATMで現金が手に入ります。カードローンは、一度融資の限度額が決まれば、その金額の中でお金を自由に引き出すことができます。
銀行系のカードローンとは、銀行がバックにある金融会社が融資を行っているローンを指します。安心度合いが強いことが、銀行系カードローンの魅力です。都市銀行や、地方銀行が出資元となっていると考えると、商記者金融会社だったとしても、信頼性が高いように思えます。借入れの時や返済時に利用できるATMの数が多く、利便性が高いということも銀行系のメリットとなります。まとまった金額を借りることができることも、銀行系カードローンの嬉しい点ですが、注意すべき点として、審査が他の金融機関より難しいことがあります。
過去に返済が滞った等のトラブルが無く、一定の収入がある方であれば、ほぼ問題なく融資を受けることができます。最近は、銀行系カードローンでも、最短30分で審査ができることを売りにしているところもあり、審査もスピーディーになってきているようです。カードローンは、無理のない計画を立てて使っている限りは役立つ存在です。

 

金利
ローンに関わる法律が見直されたことにより、年収の3分の1を越える借金ができなくなったことは、広く知られています。総量規制は、消費者金融や信販会社、クレジットカード系のカードローンに適用される規制であり、貸金業法の管轄になります。総量規制には様々な例外がありますが、銀行法で定められている銀行のカードローンは、総量規制の中には入りません。つまり、同じカードローンにおいても、銀行系のカードローンについては、この総量規制の対象外になるのだそうです。
銀行系のカードローンは、他社のカードローンと比較して、様々な特性を持っています。他の金融会社と比較すると、より低い金利で融資を受けられることは、銀行系カードローンの強みです。消費者金融会社と比べた場合、明らかに実質年率が低いために、借り入れができてしまえば安心ともいえるでしょう。また、やはり銀行が融資を取り扱っているという事で、安心感が強いと言えます。金利や、貸付金、知名度など、銀行系カードローンは利点がいくつもありますが、その反面、審査の結果が出るまで時間がかかり、審査自体のハードルも高いという注意点があります。
カードローンを申込した際の審査が厳しいからこそ、低金利で貸し出しが出来るという事です。なので、銀行系カードローンを利用出来る人は限られています。月々の収入が一定で、他の金融会社からは借金ていないという人であれば、銀行系カードローンの審査の申込みをした場合、融資が受けられる見込みは十分にあります。場合によっては、他社から借金していたとしても、審査でオーケーが出る可能性がありますので、銀行系カードローンを使ってみてください。

 

借金地獄への落とし穴
最近は、銀行でもかなりの高額なおかなをカードローンで借り入れできるようになってきています。しかも申し込みも簡単でスピーディーで、まるで消費者金融と変わらぬほどの便利さです。
しかし、それが逆に借金地獄で苦しんでしまうようなことを生みやすくしています。サラ金と呼ばれる金融業者も、どんどんと借入枠を高額に吊り上げ、借金地獄の入り口を広げています。まるで借金の破産者を大量生産するがごとく、どちらも借金の大安売りです。何やら、こんな簡単に高額の借金を打ち出している現状は、ちょっと気持ちが悪いと思いませんか?
お堅い銀行がこんなに借金の大安売り。小金はすぐ貸してくれてはいたものの、高額になるとなかなか貸してくれなかったサラ金も高額な借金の大安売り。そして最近では、大手のサラ金は銀行の傘下になって銀行系カードローンなどと紛らわしいカードローンを展開しています。これによって借金の限度が決められた総量規制にも引っかからず、低所得者でも高額な借金が可能になってきます。
そんなこんなと色々と借金のしやすくなった環境を作り、その環境の中で多重債務になってしまった人を、まるで高額に吊り上げた貸し付け枠で借金の一本化を売り文句に、サラ金が大量に置き網で救っていくシステムを構築しているかのようです。そして、どうにもそのシステムに乗れなかった人は、債務整理などで借金の整理を行うことになってしまいます。

 

借金一本化で大丈夫ですか?
多重債務になってくると、借金返済がどんどんと滞り気味になり、さらに借金状態は悪化の一途。そこで多重債務にあえいでいる人は、金利も安い一本化を試みるのですが、宣伝しているほどそう簡単には貸してもらえません。もちろん、まだお尻に火がついていない人は借金一本化の美味しいターゲットです。そんな人には向こうから一本化を勧めてきます。こんなうまい話はありません。
何しろ、サラ金の方から、ほかの金融会社の借金を肩代わりしてあげるというのですから。そろそろ借金の返済がきつくなりだしてきたなという人には、まるで「渡りに船」とばかり飛び乗ってしまいますよね。でも一本化してもらいお金を融資してもらっても、そのお金にだって利息はかかります。もちろん借入金額が多くなればその分利息も安くなる場合もありますが、借金が減るわけではありません。
一本化で返済窓口が一本化されても、借金が減るわけではありません。また、一時的に借金の自転車操業から逃げられるような気がしてしまいますが、一本化したからといって、借金を整理するわけではないので、借金を返済する苦痛はほとんど変わりません。そうなるとどうなるのかというと、またどこかで借りてきてしまうんですね。特に借金が一本化できたという心のゆるみがどこかに芽生えてしまい、根拠のない安心感が湧き、借金をしている緊張感が解けてしまいます。そんなことで、さらに借金地獄の奥底に落ちてしまった人は数知れません。
とにかく、無理に一本化で一時的に難を逃れても、借金の本質は変わらないので、いずれは行き詰ってしまいます。この先不安があるようでした、債務整理も念頭に置いて弁護士や司法書士が行っている無料相談などを利用してみてください。一本化で大やけどする前に、将来のご自分とよく検討して、借金を整理するという選択肢も考えてみてください。

 

借金一本化と借金地獄は
一本化と借金地獄は紙一重です。一本化に通らなかった人は、そのまま借金地獄に転がり込んでしまい、結局は債務整理で借金を整理しています。もちろん、それほどまでの高額な借金ではなく、今のままでも十分払いきれるという人が、金利が安いから一本化するといったことであれば、一本化は非常に有意義なシステムです。しかし、多重債務の逃げ込み寺と思って借金を一本化をしようとしているのであれば、たとえ一本化できたところで、今の借金生活は一向に良くなることはないでしょう。何しろ、一本化とは借金の整理の方法ではないからです。
借金とは、よほどしっかりした強い心を持っていない限り解決できるものではありません。それは、今まで借金して来た人が一番よくわかっていることだと思います。しかし、いずれはその借金も整理しなくてはなりません。最後はホームレスになって逃げとおそうなどと本気で考え、本当にホームレスになってしまっている人も現実にたくさんいるそうですが、借金のために大事な人生を棒に振るようなことは本当にもったいないことです。
借金を整理すれば元の生活に戻ることができます。借金地獄とは言え、その解決を本気になって考えれば借金地獄脱出の手立てはいくらでもあります。借金がどうにもならなくなったとしても、借金は踏み倒して逃げ回るものではなく、借金はきちんと責任を持って整理するものです。危ないと思ったら、ぜひ専門家に借金整理について相談してみてください。

 

借金一本化できない?
借金を一本化して借金を軽減しようとする人が増えています。また、銀行や貸金業者もさかんに融資枠を広げ、おまとめローンを受け付けています。しかし、本当に何百万という金額を無担保で借りられるのでしょうか?銀行も貸金業者も数百万の限度額を設けていますが、誰でも簡単にその上限までは借りることはもちろん不可のです。それぞれに年収や持ち家か否か、そして他社の借り入れ状況などは、いくら貸付枠が広がろうと、審査が甘くなったわけではありません。まして、現在の借入額が多重債務となっているようなら、それ以上の借り入れはほぼ難しいでしょう。
現在の借入金額などが審査に通る程度なら一本化はもちろんかないますが、多くの方は、もう他では借り入れできない状態になっている人がおおいようです。銀行などの借り入れ限度額より現在の借り入れが少ないからと、一本化を申し込んでも、その審査基準を満たしていない状況では、一本化はできないということです。特に銀行以外の貸金業者では総量規制に引っかかってしまうので、年収の1/3を超える借金はできないことになっています。
よく、一本化すれば利子が安くなるからとか、現在のバラバラな返済日がまとめられるとかという触れ込みで広告を打っている銀行などがありますが、それはあくまで優良な債務者に限ります。一本化できない状態の方は、残念ながら他をあたってもほぼできないでしょう。今以上の借金を背負ってしまう前に、債務整理を考えた方が、将来のためになると思われます。